事故を起こした車は廃車にするべき?

車の運転で事故を起こしてしまった場合、車の損害が大きいと廃車にした方が良いと考える人は多いと思います。しかし事故車でも条件を満たせば、買取を行ってくれるので、まずは買取業者を利用して車の査定をするのがおすすめです。

事故車の買取査定で査定額を上げるコツ

廃車

車にオプションパーツが付属されている

車を購入する際、最初から車に付いているパーツ以外にも車内にひじ掛けを付けたり、車外に雨除けをを付けたりする事ができます。付けるパーツも自分の買った車のメーカーで扱っているパーツと車を買ったディーラーで付けれるパーツとに分かれます。車を売る時に、この付属パーツが付いている車は事故車であっても査定額が上がります。

外装の傷やへこみを直しておく

事故車を売りたい時に、事故を起こしてできてしまった車のキズやへこみをそのままにして売るよりも、修復して売ると買取業者は査定額をあげてくれます。しかし、キズやへこみを直してしても、車の走行に問題がある場合は、買取をしてくれないので注意してください。

車の走行距離が短い

買取査定では、車の走行距離もチェックポイントになります。車は走れば走るほど、性能が落ちてしまいます。買取査定では、走行距離が長ければ長いほど査定額が下がってしまいます。10万㎞を超えた車だと、査定額がかなり落ちてくるので、売りたい事故車が10万㎞を超えていないかチェックしておきましょう。

車を乗り換えたい

新しい車の購入を検討している場合、今ある車をどうするべき考えてしまいますよね?友人や親族で車が必要という人に譲る事もできますが、周りに車の譲り手がいない場合、処分に困ってしまいます。その場合、廃車にするのか、買取業者に車を売却するのかどちらが良いのでしょうか?

車を廃車にするのと買取をした場合の比較

車を廃車にする場合

車を廃車にする場合、引き取り業者に車の引き取りをしてもらいます。その場合、引き取り料を業者に支払う必要があります。その後に運輸支局へ行き廃車手続きを行う為の書類に必要事項を記入して、永久抹消登録を行います。自分で行う方法の他に、引き取り業者に引き取り料に追加で料金を支払う事で抹消登録を行ってくれる所もあります。

車を買取した場合

手放したい車を買取してもらう場合は、買取業者に依頼をすると車の状態を業者が細かくチェックして、買取の値段をつけてくれます。納得がいけばそのまま売却の手続きを行います。後日買取査定で提示していた金額が銀行に振り込まれます。そのまま車を廃車にするよりも売却をする方が、お金が手に入りますよ。

必見!事故車買取で高く買い取ってもらう方法

車とお金

中古の軽自動車を買う時に気をつけてほしい事

中古の軽自動車は本体価格が安いので、普通車よりも安く買う事ができるのとても人気です。しかし中古の軽自動車を買う場合、注意点があります。中古車を中古車販売店で購入する場合、本体価格が安くても、諸費用をプラスして結果的に支払額がとても高くなってしまう場合があります。なので、購入を検討している人は買う前に諸費用込みの値段なのか、本体価格だけの値段なのかをしっかりと確認しておきましょう。

広告募集中